近年若者のビール離れが話題となっていますが、そうは言ってもビールは美味しいものです。仕事が終わったあとに飲むビールは格別だと思います。
 
ただ、やはり若い子や女の子の中にはビールは苦手という人も多いように感じます。
そういう方にはビールベースのカクテルなんかでもビールの風味は味わえると思います。
カクテルなら、飲めると言う人もいると思います。
 
最近では大手メーカーもそういった対策の一環としてクラフトビールに力を入れているようです。クラフトビールというのは少量生産で手作りの技を活かした、個性的な味のビールのことを指します。地ビールと言った方が分かり易いかもしれません。
 
そんなクラフトビールは地方に多いため、なかなか飲むのが難しいイメージですが六本木にあるダイニングバー「Two Dogs Taproom」は20種類以上のクラフトビールを店内で取り扱っています。
 
日本だけではなくアメリカやドイツのビールも取り扱っており、様々なビールを飲み比べすることができます。
 
フードメニューもビールに合うようなものが各種用意されており、中でも石窯ピザは絶品です。
 
ビール好きなら是非一度行ってみて下さい。
 


同じく六本木で20種類を超える豊富な種類のクラフトビールを揃えている、「Mercedes-Benz Connection UPSTAIRS」はその名の通り、ドイツ生まれの高級車メーカーメルセデスベンツのショールームの2階にあるダイニングバー。
以前はフレンチがメインだったようですが、リニューアルしてクラフトビールとイタリアンがメインに変わったようです。
こちらのお店はクラフトビールの他、ビールカクテル、ワイン、さらに最近外国人人気が高く、日本でも手に入りづらい日本酒「獺祭」など、幅広く取り揃えられています。
おすすめは「アップステアーズ オールスターターズ」という、パテ・ド・カンパーニュ、生ハム・サラミ、自家製オリーブ、チーズやパプリカ、グリーンサラダなどが入った盛り合わせ。ビールとの相性が抜群なので、みんなでつまめばお酒が進むこと間違いなしです。

いろいろな国の人が集まる街六本木で、
いろいろな国のクラフトビール試してみてはどうでしょう。