2016年5月の記事一覧

今回の舞台は千葉県は本八幡。当地で本場の味を楽しめるお好み焼きを展開するお店が、多くの人々に親しまれ、高い評価を受けているのです。

その名も「なにわ」。店名に違わず本場・関西のお好み焼きが楽しめます。お好み焼き、モダン焼きは焼き加減にこだわり、食材の旨みや風味が楽しめるほか、生地はふんわりと仕上げてくれますよ。
さらに旬の野菜や魚の鉄板焼き、野菜や魚介を中心とした日替わりおばんざいも人気メニュー。
メニューが豊富なのですが、サラダを評価する人もいれば、そもそも野菜そのものの品質が高い、野菜嫌いでもここの野菜は別格!と評する人、さらに煮物も定評がある…つまり何を頼んでも美味しいと絶賛されているお店なんです。

もうひとつ、人気の秘密はお店のママさん。その人柄がアットホームなお店の雰囲気作りに大きく貢献していてファンの方々も多いのです。
お料理のこともいろいろ教えてくれますよ。ネットでお料理レシピを調べるのとはまた違った、実際に美味しい料理を作ってくれるママさんの生の声にもぜひ耳を傾けてみたいものですね(^^)

江古田で丼ランチ

限られた時間しかないランチタイムにお店へ入り、着席まで待たされ、オーダーしてから待たされ、慌てて食して終了なんて事、日常茶飯事ですよね。
どうせ掻き込んで食べるなら、丼物なんていかがでしょうか。

ランチに美味しい丼物をお探しなら江古田にある食堂「お志ど里(おしどり)」がオススメです。
昼は食堂、夜は居酒屋的に使われる老舗店です。2フロアでキャパが230席もあるので、混雑の為に入店できないという心配はなさそうです。
メニューは多く、定食は10種類以上あります。その中でも丼物は、親子丼、いくら丼、肉柳川丼、ランチ限定で生姜焼き丼、もつ煮丼等、ランチで人気なのか定食の定番ものが丼で提供されています。
驚くのはそれらの安さで、もつ煮丼はなんと480円、生姜焼き丼は550円です。
それぞれ別盛りの定食にすると150円程高いことを考えると、丼で食べるのがお得です。どちらもお味噌汁が付きます。
もつ煮はご飯が進みますし、生姜焼き丼はボリュームたっぷりです。コスパも高く、大満足のランチになるでしょう。

東京のビジネス街の中心地にある丸の内には接待に最適なおしゃれな居酒屋が沢山あります。

東京駅丸の内口から徒歩2分程度のところにある「暗闇坂 宮下 丸ビル」は地上150mの夜景を一望できる居酒屋です。
全国から取り寄せた旬の食材を腕利きの料理長が高い技術で調理してくれます。接待の席には個室席が人気です。
店内は壁一面がガラスとなっており、とても開放感がります。景色は昼と夜も絶景で、料理の味をより引き立ててくれます。
4名〜8名用の掘り炬燵の個室は少人数の会食や接待、また顔合わせなどに使われることも多いです。
テーブルの個室もあり、そちらは2名〜10名で利用できます。
ビジネスのシーンではこちらを好む方が多いようです。装飾のないシンプルな内装は老若男女問わず人気があります。
もちろん、オープンスペースの席もあり、こちらでは多くの丸の内のビジネスマンがランチに、ディナーにと舌鼓を打っています。
決して安い店ではありませんが、接待で使えば先方もきっと喜んでくれることでしょう。

"自由が丘でランチと聞いて、定食屋さんを思い浮かべる人は少ないかも知れません。でも需要は高まっており、最近、当地で新たに定食屋さんが相次いでオープンしています。

これ以上はないというほど定食屋さんをイメージできる屋号「ごはん」は、2014年1月にオープンした席数9席のみのお店。
自由が丘デパート2階にあります。
サバ、銀鮭、豚バラ、鶏などの味噌・塩麹焼き定食が話題のお店です。
麹にこだわるほか、ご飯は白米と五穀米が選べ、手作りのお豆腐が頂けるなど、ヘルシー性が高く、ちょっと他にはない特徴高いお店ですが、ランチタイムの定食なら1

このページの上部へ

サイト内検索

ブログの中の人

30代で飲食・仕事好きな食いしん坊です。

follow me!

仕事柄、色んな場所に行くのでそこで
出会った店舗や料理、お酒をご紹介♪
もちろん作るのも大好きですので飲食店
だけでなくレシピもご紹介します!

最近のピクチャ

タグクラウド