歴史ある街、神田

東京都千代田区の神田駅は、1919年の開業から約100年が経つ、歴史ある駅です。
神田はサラリーマンの街というイメージですが、歴史がいっぱいです。
 
神田が皇居の南北に広がっているのは、幕府を開く際の戦略だと言われています。
日本橋から神田へは水運に恵まれている事もあって、商人、職人の集まる下町として栄えました。
商人、職人の街が今ではサラリーマンの街・・・繋がっていますね。
 

江戸時代には、靖国通りと多町大通りの交差点辺りに青物市場があったそうです。
これも、恵まれた水運の賜物で、野菜を新鮮なうちに運べたという事でしょう。
 
このような歴史的背景から、今でも神田駅付近には歴史ある場所が沢山あります。
ふらりと街を歩いているだけでも、時代を感じる老舗の店構えが多く、ちょっと江戸っ子気分も味わえます。
サラリーマンが集うような居酒屋も、一見古くて汚い?お店が多いイメージを受けますが、歴史の流れを考えると、とても風情のある、あまり変わってほしくない風景に思えてきます。
 

神田と言えば屈指の和食居酒屋の激戦区になっています。
築地に続く街と言ってもいいくらいに新鮮な海鮮料理が売りの寿司屋や居酒屋が多くあるので、いつも迷ってしまうほどです。


駅前は栄えていますが、私は駅から5~10分ほど離れた場所に美味しい居酒屋が多いように思います。(駅前にもたくさんありますが)

ほかの店舗がどこかにあるのかもしれないですが、聞いたことなかったりするので、個人経営の居酒屋が多いのではないでしょうか!?オフィス街としても有名な街なので、常に帰り道は宴会客でにぎわっている印象です。

神田にある居酒屋をいくつか調べてみましたがやはり圧倒的に和食が多く、海鮮料理の口コミ評価が高い居酒屋が多く見受けられました。サラリーマンやOLの方が仕事終わりに打ち上げなどの宴会で団体が使うことが多いのか、さすがは神田。


多くの居酒屋に大宴会ができるような完全個室があるんですね。みんなが同じ場所・同じテーブルで食事ができるのはやっぱり嬉しいし、楽しいですよね。

私の中で最近の居酒屋に対する疑問が一つだけあるんですが...飲み放題について。

何故あんなに安いのか・・・?1000円とかで提供しているところがもはや当たり前になってきています。
たまに1000円切っているなんてことも...大体単品で飲み放題を注文すると一人2品は頼んでくださいと言われますよね?」

お腹がすいていればガッツリと食べれるんですが、食べた後やお腹がすいていない時は、お新香おやおつまみを頼んでも一品に加算される...


結果飲み放題でのみに行っても人数にもよりますが、1500円くらいでたらふく飲めます。

客側としては嬉しい以外何者でもないのですが、店側からすると大丈夫なのだろうか?なんてたまに心配になります。

しかも最近の飲み放題ではビール込で1000円前後も普通ですよね?
昔は生ビールも飲み放題にすると倍ほどの値段になっていたような気が...

街並みも居酒屋もどんどん進化していきますね。。

2020年オリンピックが決まって、外国の方からもたくさんの人が日本に来ますよね?

和食は世界的にも人気で特に寿司は世界各地から愛されているので、口コミなどで神田にもたくさんの
人が押し寄せるのではないでしょうか?経済効果に期待ですね。

そんな歴史を感じつつ、改めて神田を散策してはいかがでしょうか。

神田だったらココ!という居酒屋一軒紹介しますので、神田で宴会等のイベントがある時には参考にしていただけたらとても嬉しいです。

それではまた...どったんば - 外観写真:2014.4 某日 入口!

俺たちの台所 どったんば。海戦料理が美味しく、飲み放題のコスパがかなりいいです。

関連記事も合わせてどうぞ!

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

サイト内検索

ブログの中の人

30代で飲食・仕事好きな食いしん坊です。

follow me!

仕事柄、色んな場所に行くのでそこで
出会った店舗や料理、お酒をご紹介♪
もちろん作るのも大好きですので飲食店
だけでなくレシピもご紹介します!

最近のピクチャ