2014年6月の記事一覧

歴史ある街、神田

東京都千代田区の神田駅は、1919年の開業から約100年が経つ、歴史ある駅です。
神田はサラリーマンの街というイメージですが、歴史がいっぱいです。
 
神田が皇居の南北に広がっているのは、幕府を開く際の戦略だと言われています。
日本橋から神田へは水運に恵まれている事もあって、商人、職人の集まる下町として栄えました。
商人、職人の街が今ではサラリーマンの街・・・繋がっていますね。
 

江戸時代には、靖国通りと多町大通りの交差点辺りに青物市場があったそうです。
これも、恵まれた水運の賜物で、野菜を新鮮なうちに運べたという事でしょう。
 
このような歴史的背景から、今でも神田駅付近には歴史ある場所が沢山あります。
ふらりと街を歩いているだけでも、時代を感じる老舗の店構えが多く、ちょっと江戸っ子気分も味わえます。
サラリーマンが集うような居酒屋も、一見古くて汚い?お店が多いイメージを受けますが、歴史の流れを考えると、とても風情のある、あまり変わってほしくない風景に思えてきます。
 

神田と言えば屈指の和食居酒屋の激戦区になっています。
築地に続く街と言ってもいいくらいに新鮮な海鮮料理が売りの寿司屋や居酒屋が多くあるので、いつも迷ってしまうほどです。


駅前は栄えていますが、私は駅から5~10分ほど離れた場所に美味しい居酒屋が多いように思います。(駅前にもたくさんありますが)

ほかの店舗がどこかにあるのかもしれないですが、聞いたことなかったりするので、個人経営の居酒屋が多いのではないでしょうか!?オフィス街としても有名な街なので、常に帰り道は宴会客でにぎわっている印象です。

神田にある居酒屋をいくつか調べてみましたがやはり圧倒的に和食が多く、海鮮料理の口コミ評価が高い居酒屋が多く見受けられました。サラリーマンやOLの方が仕事終わりに打ち上げなどの宴会で団体が使うことが多いのか、さすがは神田。


多くの居酒屋に大宴会ができるような完全個室があるんですね。みんなが同じ場所・同じテーブルで食事ができるのはやっぱり嬉しいし、楽しいですよね。

私の中で最近の居酒屋に対する疑問が一つだけあるんですが...飲み放題について。

何故あんなに安いのか・・・?1000円とかで提供しているところがもはや当たり前になってきています。
たまに1000円切っているなんてことも...大体単品で飲み放題を注文すると一人2品は頼んでくださいと言われますよね?」

お腹がすいていればガッツリと食べれるんですが、食べた後やお腹がすいていない時は、お新香おやおつまみを頼んでも一品に加算される...


結果飲み放題でのみに行っても人数にもよりますが、1500円くらいでたらふく飲めます。

客側としては嬉しい以外何者でもないのですが、店側からすると大丈夫なのだろうか?なんてたまに心配になります。

しかも最近の飲み放題ではビール込で1000円前後も普通ですよね?
昔は生ビールも飲み放題にすると倍ほどの値段になっていたような気が...

街並みも居酒屋もどんどん進化していきますね。。

2020年オリンピックが決まって、外国の方からもたくさんの人が日本に来ますよね?

和食は世界的にも人気で特に寿司は世界各地から愛されているので、口コミなどで神田にもたくさんの
人が押し寄せるのではないでしょうか?経済効果に期待ですね。

そんな歴史を感じつつ、改めて神田を散策してはいかがでしょうか。

神田だったらココ!という居酒屋一軒紹介しますので、神田で宴会等のイベントがある時には参考にしていただけたらとても嬉しいです。

それではまた...どったんば - 外観写真:2014.4 某日 入口!

俺たちの台所 どったんば。海戦料理が美味しく、飲み放題のコスパがかなりいいです。


 
 

巷には様々な限定メニューがありますよね。

中には予約しないとご利用いただけないメニューもありますので利用するなら予め予約し

ておいたほうがオススメです。

私が先日所沢で利用したメニューも女性限定でしたが楽しめました。

今回私が利用したお店はしゃぶしゃぶ観というお店で所沢駅西口から歩いて7分のところ

にあるお店です。

こちらのお店では宴会やランチコースなど様々なメニューがあり、中でも女性に人気なの

が女性限定の最強コラーゲン鍋しゃぶしゃぶランチコースなんですよ♪

じっくりと時間をかけて抽出したヒアルロン酸たっぷりのコラーゲン鍋で女性の方からぷ

るんぷるんでコラーゲンたっぷり!と評判なんですよ♪

カラダにも優しいメニューとなっておりますので女子会などで楽しみたいですよね♪

女性の特権を存分に活用しましょう!笑





焼き豚足

スーパーで売っている豚足は、そのまま食べられる状態だけれど、白くていかにも足ですという姿が苦手です。

そこで、私は焼き豚足にして食べます。
簡単なのでレシピをご紹介♪

<材料>2人分
豚足      2パック
ネギ(青い部分)1本分
にんにく    1片
しょうが    1片
お酒      100cc
塩       適量
粗挽ショウ   適量

<作り方>
・にんにくとしょうがをスライスする。
・鍋に豚足、ネギ、にんにく、しょうが、お酒を入れ、豚足が隠れる位に分量外のお水を加えて火にかける。
・柔らかくなったら火を止め、豚足の水気を拭いて塩こしょうを振り、フライパンかグリルで焼き目が付くまで焼く。

ポン酢や柚子胡椒で召し上がれ♪

結構安くて手に入って味がしみ込みやすいので、おすすめです♪






ドトールでおすすめのドリンクメニューを紹介します。

「いちごのホワイトラテ」

こちらはドトールのドリンクの中でも大変おすすめのメニューです。ホワイトティラミス

のような味のするとてもおいしいラテです。アイスとホットがあるので、温度や気分に応

じてチョイスできますね。このいちごのラテはクリームチーズを使っているのでとてもま

ろやかです。また抹茶のパウダーと苺の甘酢っぱい風味がとてもマッチしておいしいです

よ。ぜひともドトールで飲んでみてください。

「ロイヤルハニーチャイ」

ドトールで最近販売開始されたホワイトハニーチャイですが、こちらは5月2日に新発売さ

れたものですがアッサムの紅茶葉とロイヤルミルクのドリンクです。5種類のスパイスが

入っていて大変スパイシーな味を楽しむことができますよ。トッピングには、カラメル味

のビスケットとシナモンで、大変コクのあるメニューとなっています。スパイシーで夏を

満喫したいそんなおすすめドリンクです。



 



日本の和食が無形文化遺産に登録となり、国内外から日本食が注目されています。
登録されたのはもちろん特定の品目やジャンルではなく「和食 日本人の伝統的な食文化」という括りで、日本の食の歴史や背景、精神などを広く含みます。
 
日本人の米文化は、弥生時代に始まったとされています。
栄養価や保存性が高く、主食・パワーフードとして定着し、現在に至りました。
米の生産性を高めるために肉食文化はかなり遅れましたが、その代わりに動物性タンパク質を補うものとして、魚食文化が始まりました。
平安時代には、魚を生で食べる刺身というものが現れました。
その後、全国ではそれぞれの風土に合った独自の保存食が発展し、多くの郷土料理として今も各地に存在します。
 
また、江戸時代には主食、汁物、おかずの一汁三菜が定着し始め、今で言う栄養バランスの良い食事を摂る意識が日本人に根付きました。
 
明治時代には、やっと肉食文化が始まり、いわゆる西洋の料理をヒントにした洋食が広まり始めました。
今では洋食から始まった料理が、すっかり国民食として認知されているものもたくさんあります。
 
無形文化遺産登録を機に、改めて日本の食文化について知る事も大切ですね。

日本のお酒には日本の焼酎が一番!
新鮮な海鮮料理や鍋など、和食は世界中の人々から愛されるようになりました。
和食やお酒が楽しめる居酒屋にも歴史があり、発展していくに当たって個室などの様々な工夫をこらし、居心地のいい店になってきましたね。

これからの進化も楽しみです。

和食居酒屋が多く集まる街 神田

和食の激戦区といえば東京で言うなら神田ですかね?
美味しくてリーズナブルな居酒屋が並んでいるのでいつもどこにするか決めるだけで時間がかかってしまいます。

グルメサイトなどを見て自分のお気に入りなどを見つけてみてくださいね。

私のおすすめ居酒屋 北陸王 日本橋室町店


 
 

池袋周辺でおいしい小龍包が食べれる中華料理屋さんを紹介します。

「JIN DIN ROU」

こちらのお店は池袋のパルコ内にある小龍包の大変おいしい中華料理屋さんです。本場台

湾の小龍包専門店なので大変おいしいと評判ですよ。こちらでは、普通の小龍包をはじ

め、ウーロン小龍包や、エビ小龍包、三色小龍包など、小龍包でもバリエーション豊富で

す。また、小龍包だけでなく、本格的な台湾料理をはじめ、ランチもいただくことができ

ますよ。小龍包ランチは1158円でいただけます。また2色小龍包ランチは1297円です。

「台湾小龍包 ルミネ池袋店」

こちらのお店はルミネ池袋の中にある小龍包が大変おいしいお店です。自家製手作りの小

龍包は5個で590円、またにらの入った小龍包は5個で590円、エビ入りの小龍包もあります

よ。ホタテとムール貝の小龍包は絶品ですよ。またうにの入った小龍包もあります。その

ほか、肉まんは290円、大変おいしいので、ぜひ一度は試してみてくださいね。

がっつり食べたい時も小原がすいてちょこっとだけ食べたい時もどちらもおすすめです!


このページの上部へ

サイト内検索

ブログの中の人

30代で飲食・仕事好きな食いしん坊です。

follow me!

仕事柄、色んな場所に行くのでそこで
出会った店舗や料理、お酒をご紹介♪
もちろん作るのも大好きですので飲食店
だけでなくレシピもご紹介します!

最近のピクチャ